うつ病治療と薬について【継続して正しく服用して行く必要がある】

心の病に対処するには

診察

精神的な問題を解決する

うつ病は様々な原因によって発症する精神的な病気です。この病気を発症する原因は大きく環境的要因と身体的要因に分類することができます。環境的な要因としては幼少期のトラウマや親しい人との別れ、仕事や財産の喪失、職場における人間関係などがあります。就職・退職や引っ越しなど環境の変化もうつ病の原因となります。うつ病の身体的な要因としては慢性的な疲労や脳血管障害、感染症や癌、甲状腺機能異常の他に月経前や出産後、更年期などが挙げられます。ホルモンバランスの変化や降圧薬、経口避妊薬などの服用によりうつ病を発症することもあります。一般的に何らかの原因による過度のストレスが引き金となってうつ病が発症します。特に多いのが人間関係のストレスによるものと、環境の変化によるものです。身近な人と別れることになったり、職場でリストラされたりした場合などに発症するケースが多く見られます。また悲劇的な出来事だけでなく、昇進や結婚など喜ばしい出来事が原因となってこの病気を発症することもあります。精神的に過度のショックを受けたり、慢性的なストレスを感じたりすることでこの病気は発症します。深刻な症状が現れる前に、心療内科を受診して悩みを解消することが重要です。一般的にうつ病になりやすいのは、まじめで責任感が強い人であるとされています。そのような人には人当たりもよく、周囲の評価も高いという傾向が存在します。しかし許容量を超えてストレスを感じすると、精神的なバランスが崩れてうつ病を発症します。あらゆることを完璧にこなそうとするのではなく、優先順位を考えることが重要です。メリハリをつけるようにすることで、ストレスを軽減しうつ病の発症を防ぐことができます。もしこの病気を発症してしまった場合には、本人を励ましてはいけません。さらに頑張るように励ますと、精神的なストレスが増大し症状が重くなる可能性があります。この病気を発症する人は、すでに頑張りすぎている状態であるのが一般的です。周囲の人が患者と接する場合には、できる限り本人の気持ちをリラックスさせるよう配慮する必要があります。うつ病患者と話をする際には、聞き手に徹することが重要です。また相手の気持ちに共感を示せば、リラックスさせることができます。会話の最中では否定的な表現を使用しないように注意が必要です。自分が患者にとって味方であることを示せば、安心してもらうことができます。患者をリラックスさせることが何よりも重要ですが、気分転換を図るため無理にイベントなどへ誘わないよう注意する必要があります。