薬や診断方法について|うつ病治療と薬について【継続して正しく服用して行く必要がある】

うつ病治療と薬について【継続して正しく服用して行く必要がある】

薬や診断方法について

女性

知っておきたい情報

抗うつ剤は、うつ病と診断された時の治療薬として一般的に利用されている薬で、現在では何種類も有る為、その人に合わせて処方される形です。抗うつ剤自体は服用することによって体内にその有効成分を取り込む事が出来た結果、脳内の神経伝達物質のバランスを整える効果が期待出来ます。上手に活用することで気になる症状を徐々に改善して行くだけでなく、寛解した状態を維持する事が出来るようになる薬です。ただ、その人の体質や状態に合わせて正しく利用しなければ思わぬ副作用が出てしまうことも有るので、自己判断で服用する事は危険です。必ず医師や薬剤師の指示に従って正しく利用するようにすると言うことが、抗うつ剤を利用する上で知っておくべき基礎知識です。またこの薬自体は非常に高い効果が期待できる薬なので、服用すると徐々にその効果を実感できると言う人は少なくありません。しかし気になる症状がなくなったからと言って自己判断で薬の服用をやめてしまうと、再び症状が出てきてしまうことも多々あります。脳の神経伝達物質のバランスが安定するまでにはある程度の時間がかかるので、自己判断でやめてしまうと非常に危険です。また薬自体は一気にやめてしまうのではなく、徐々に服用する量を減らしていく事によって安全に利用し、負担無くやめて行く事が出来るようになります。もしかしたらうつ病かもしれないと感じた場合は、精神科、若しくは心療内科に行って診断を受ける事になります。診断自体は、まずは病院に行って受付を済ませ、さらに予診へと進みますが、これに関しては他の病気で受診する時と同じです。聞かれる内容としては病歴、さらに今までの治療や今飲んでいる薬が有るかどうか等も聞かれ、病院によっては人間関係などを聞かれる事もあります。予診を終えると、血液、尿等の検査をしたのち、体温や血圧、体重測定等も行い、気になる症状がうつ病からなのか病気からなのかを判断します。そしてその後診察へと進み、この時に気になる症状や生活を送る上で感じている変化等、医師に聞かれた事に対して答える形です。医師は事前に行った検査結果だけでなく、診察時の表情や話し方などを見て総合的にうつ病かどうかを判断します。実際に診断する際は、いくつかのチェックリストが用意されていることもあり、その内容にどれだけ当てはまるかを見る事もあります。また診断を受ける際は出来るだけ正しく判断してもらう為にも、気になる症状をメモした物を持参したり、自分の普段の様子を伝えて貰ったりする為に家族と一緒に行く事もあります。特に第三者と一緒に行くと、普段の様子がどの様になっているかを客観的に伝えて貰えるだけでなく、治療が必要な場合はその説明も一緒に受けられると言うメリットがあります。