うつ病治療と薬について【継続して正しく服用して行く必要がある】

病院選びと労災について

医者

うつ病で受診する場合は、精神科や心療内科のある病院かクリニックを受診します。自宅療養が難しい場合などは入院が推奨されるため、入院設備のある病院を選んでおくと楽かもしれません。しかし、通いやすさや予約の取りやすさも考慮すると良いです。

詳しく見る

薬や診断方法について

女性

抗うつ剤はうつ病と診断された時に利用する薬で、服用する事で神経伝達物質のバランスを整える効果が期待出来ます。病院での診断は事前の検査結果や診察時の話し方や様子等から総合的に判断され、その結果投薬治療を行うかどうか等が決まります。

詳しく見る

心の病に対処するには

診察

うつ病の原因には環境的要因と身体的要因があります。急激な環境の変化も原因の1つですが、昇進など喜ばしい出来事が引き金となるケースも存在します。うつ病患者と接する際には、本人をリラックスさせるよう十分な配慮が必要です。

詳しく見る

辛い症状を緩和できます

女性

うつ病は誰でも罹る可能性がありますが、女性にやや多い傾向があります。早期に病気を発見して、薬やカウンセリングなどの精神療法を受けることで、辛い症状を改善できます。精神神経科の病院やクリニックでは、認知行動療法なども受けられます。

詳しく見る

薬を使った治療

ハートと聴診器

薬について知る

うつ病の治療の際に利用される薬が抗うつ剤ですが、そこに含まれている成分によって、脳内の神経伝達物質のバランスを整える働きが期待出来ます。とはいっても、解熱剤の様に飲んだらある程度の時間が経過すればすぐに高い効果が期待できると言うものではありません。徐々に体に作用して行く薬となっているので、病院からの指示に従って継続して正しく服用して行く必要がある薬となっています。また、ある程度の期間服用していると副作用も殆ど感じないようになるだけでなく、薬の効果も実感しはじめます。人によっては薬を長期的に服用したくない、既に症状が気にならなくなったら服用しなくても良いと考えてしまうことも有ります。しかし薬の効果が出てきた頃と言うのは、まだ体の中の神経伝達物質のバランスが整って安定した状態になっているわけではありません。あくまでも薬を利用する事で、安定している状態を作り出しているにすぎない為、この時点で薬の服用をやめてしまうと症状が再発する恐れがあります。したがって、抗うつ剤は服用する事で徐々に効果が出る薬となっていますが、効果が出てからもある程度の期間服用する事で、うつ病の症状を寛解させる働きが期待できる薬となっています。抗うつ剤はうつ病の治療の際に利用される薬で、実際に服用すると高い効果が期待できる薬となっています。その為、症状を改善したい場合や、安定した状態にしたい場合等に利用されることが多い薬で、日本だけでなく世界各国で利用されています。基本的に抗うつ剤自体は日本国内では薬局やドラッグストア、スーパーマーケットなどで簡単に購入できる薬でありません。ですから、もし本当にこの薬を利用したいと考えるのであれば、病院に行って検査や診察を受け、うつ病だと判断してもらってから処方してもらう形を取らなければなりません。こうして処方してもらう事が出来れば、2週間分を1回にまとめて入手する事が出来るようになるので、月に2回の通院で済むようになります。しかし日本では市販されていない抗うつ剤も、海外では市場に出回っており、実際に購入できる場合も有ります。日本と世界の国々では薬に関する法律が違っている為、同じタイプの薬でも全く扱い方法が違っていることも多々あるからです。したがって、海外で流通している薬であれば、海外医薬品の個人輸入を利用すれば日本国内に居ながらにして入手することが出来ます。しかしこの場合は自分で利用する時に限って個人輸入が認められている為、家族や友人・知人の為に誰かほかの人が注文する事は出来ません。